ホーム > イベント > 歓喜の演Vol.18「狂言」遊びをせんとやPART11

件名 歓喜の演Vol.18「狂言」遊びをせんとやPART11
主催 歓喜の演実行委員会 足立区演劇連盟 足立区合唱連盟 公益財団法人足立区生涯学習振興公社 ギャラクシティ指定管理者 みらい創造堂 後援/足立区 足立区教育委員会 
イメージ画像
(画像をクリックすると拡大します)
日時 2018年11月3日(日・祝 文化の日)14時開演(13時30分開場) 
締切日  
会場 西新井文化ホール(ギャラクホール) 
地図・案内図

(画像をクリックすると拡大します)
定員 902人(先着順) 
対象者  
申込方法 当日来場可 チケット発売日 9月3日(火) 
費用 全席自由 1,000円(税込) ※高校生以下入場無料。無料券を窓口にてお求め下さい。 
内容詳細 .。oOo。.文化庁「ビヨンド2020」認証イベントです.。oOo。.

指導 山下芳子
音楽協力  伝 恵津子
出演 狂言まいまい倶楽部(区民公募)

狂言ボレロ
世界中で愛されているM.ラヴェル作曲「ボレロ」が狂言の舞で生まれ変わりました。2019年6月 ギャラクホールで開催の「CIDユネスコ東京グローバルダンスフェスティバル」に参加し、世界のダンス仲間と共演。和と洋の融合を目指して、和楽器の演奏と狂言の舞であっと驚くボレロを誕生させました。この再演は必見!

キーボード 伝 恵津子
太鼓  伝 忠良  
箏 大出井成裕  
錦琵琶 服部櫻絲
振付・出演 山下芳子  
舞手 狂言まいまい倶楽部

狂言おもしろワークショップ 参加者の舞台  
今年5月と8月に開催したワークショップ参加者が衣裳を着て舞台に立ちます。広い舞台で大きな声を出します。狂言の楽しさを味わってください。

梁塵秘抄の歌 
1000年前の流行歌です。改めてこの歌詞に向き合い、思うままにメロディをつけました。文字で見るより簡単に覚えられます。なんとおしゃれでユーモアたっぷり!と驚きます。遊びをせんとや生まれけむ 戯れせんとや生まれけむ・・・この言葉はウソではないようです。

狂言「いろは」「しびり」 
小品ですが、狂言の楽しさいっぱい。小学生も大人も頑張ります。
「蟹山伏」 山伏とお供の者が不気味な沢にでると、なんと大きな蟹の精が現れた。
「梟山伏」 病気になった弟を助けようと、兄は山伏にお祈りを頼みます。しかし祈れば祈るほど?
「濯ぎ川」 怖い女房と、もっと怖い姑に毎日こき使われている男。今日も川に洗濯に来たのだが。

狂言は初めてという方にもお楽しみ頂けます。
手作りの狂言衣裳も見どころです。
笑って笑って元気になりましょう。
今年も豆まき致します。
大きな声で「福はうち〜!」 
問い合わせ先 問先 西新井文化ホール 03(5242)8161
〒123-0842 足立区栗原1−3−1 
関連URL http://yamanaru.web.fc2.com/kanki.html 
この情報は、「足立区演劇連盟」により登録されました
情報掲載日:2019/08/14
前の画面へ戻る
▲ページトップ