あだち防災プロジェクト

11月5日(日)午前10時から、エル・ソフィア体育館で第4回『あだち防災運動会』を行いました。
小さい子供も戦力です。

シーツで運ぶ時は、はじを丸めて持ちやすくし、腰の所が一番重いのでそこを重点的に持つように。
運ぶ時は、笑顔で協力し合い搬送者に不安を与えない。
毛布を竿に巻き付け担架準備を皆で
担架の作り方を説明。
人を運ぶ時は、膝で背中を支え、起き上がらせ、脇の下から手を通し胸の前で相手の腕をつかむ事。もう一人が足を持てば運べます。
津波の時は高い所に逃げる、火事の時は低い姿勢で口を押さえ逃げる、地震の時な頭を守るので机の下に逃げる、ゲームをして行いました。
足立工業高校の生徒6名と先生が参加して下さいました。全員防止士です。若い人の参加頼もしいです。
バケツリレーの代わりに、牛乳パックに新聞紙を丸めたのを入れて次の人に入れる競技です。火事が起きた時、こまめに水をやることが必要です。ただし背の高さの火の時は素早く逃げましょう。
バケツリレーも、グループにより運び方が違います。どちらが早く50個運べたかな〜
前のページへ戻る