あだち防災プロジェクト

11月5日(日)午前10時から、エル・ソフィア体育館で第4回『あだち防災運動会』を行いました。120名を超える皆さんが参加して下さりました。障がい者・高齢者・子供幼児・若者・女性等で、6グループに分かれ遊びを通して、お互いの事を知り協力し合って防災を学びました。災害時には、いろいろな方が避難所に来ます。日頃から健常者だけの防災訓練も必要ですが、日頃からこのような方を巻き込んだ訓練が、より重要だと思います。
今回足立工業高校生徒6名(防災士)と先生が参加して下さいました。ゲームを通してコミュニケーションを深めチームワークで取り組み合間には防災の話が入り有意義な2時間になりました。
協力・絆・・・・自助・共助・奉助の意識を高めていく

ゲームを一緒に行ってコミュニケーションを図りました。
講師の指導で、手遊びで、お互いの心を開きます。そして声を出しして身体をほぐします。
ごみ袋を使ったゲームで、落とさないよう何回つけるかと皆の心が一つになります。
身体を使い雨音手遊びで、いつしかお友達になりました。
そこにあるもので、人を運ぶ工夫を皆で考えています。
皆で協力すればこんな運び方も考えられます。
前のページへ戻る