あだち防災プロジェクト

10月22日(土)午前10時から、エル・ソフィア体育館で『あだち防災運動会』を行いました。
段ボールでのイスを作りました。

バケツリレーの代わりに、牛乳パックに新聞紙を丸めたのを入れて次の人に入れる競技です。火事が起きた時、こまめに水をやることが必要です。ただし背の高さの火の時は素早く逃げましょう。
中学生にダンボールイスの作り方を指導し、皆さんがグループに分かれ教えるよう指示をした。
さすが中学生手際よくお年寄りに教えています。。
乗っても大丈夫です。
皆で作ったらこんなにできました。お年寄り、足の悪い人には、絶対必要なイスです。簡単にできます。帰りに皆さん持って帰られ家で作ると
津波の時は高い所に逃げる、火事の時は低い姿勢で口を押さえ逃げる、地震の時な頭を守るので机の下に逃げる、ゲームをして行いました。
自分で作ったイスに座り中学生にお礼を
新聞紙を使って防災のお話しを子供たちは真剣に聞いています。
ゴミ袋を膨らまし、何回つけるかの競技です。ゲ―ムをしているうちに知らない人とも友達になれます。
前のページへ戻る