あだち防災プロジェクト

10月22日(土)午前10時から、エル・ソフィア体育館で『あだち防災運動会』を行いました。150名を超える皆さんが参加して下さりスタッフ合わせ180名での運動会になりました。障がい者・高齢者・子供幼児・若者・女性等で、5グループに分かれ遊びを通して、お互いの事を知り協力し合って防災を学びました。災害時には、いろいろな方が避難所に来ます。日頃から健常者だけの防災訓練も必要ですが、日頃からこのような方を巻き込んだ訓練が、より重要だと思います。
今回近隣の9中より校長先生・生徒17名のバレー部員4中副校長・生徒3名 梅島小・亀田小と子供達が参加して下さり事前に段ボールでのイス作りを指導し、皆さんに教える作業をしてもらいました。
協力・絆・・・・自助・共助・奉助の意識を高めていく

段ボールでイスづくりの練習、新聞紙を丸めてゲームの準備
オタマジャクシの体操で、声を出して身体をほぐします。
車に乗ってのゲームで皆の心が一つになります。
手遊びで、いつしかお友達になりました。
遊んでいるうちにいつしかチームの仲間意識が芽生え笑顔になります。
チーム足立の皆さんもスタッフとして参加され会場を盛り上げてくださいました。
前のページへ戻る