NPO法人 ペアレントサポート
                           

12月6日「サロン」

サロンゲストに、障害児も地域の普通学級へ・道北ネット事務局 平田江津子さんをお招きしました。

現在中学3年生の息子さんの、学校での様子を、映像で見せて頂きました。
先生が介入しないことで、クラスの生徒達が、自然と受け入れ、必要なことだけ手伝い、仲間として、一緒に楽しんでいる姿に一同感動の涙でした。

障害児全員を普通学級へという訳ではない。子どもの意志を尊重し、普通学級、支援学級、支援学校と、選択出来ることが大事。

親や先生は、すぐに「出来ない事」と決めつけてしまう。でも、子ども達は「出来ない事は、どう工夫しようか」と、考えてくれる。

お友達がみんなで息子さんを待つ間、その中の女の子が「この待つ時間も、いいもんだよ」と言って、みんなで気持ちが切り替わるのを待っている姿に、私たち親より、「大人」だと、思い観ました。

映像を観た後、皆さんで、ざっくばらんにお話をしました。



 
   


前のページへ戻る
旭川市民活動情報サイト 旭川市市民活動交流センターCoCoDe