南吉朗読ででむし会
南吉朗読ででむし会
  ◆「さ、どうぞ。 南吉さんが お待ちです」◆

『ごんぎつね』などの童話作家として知られる新美南吉。彼の作品は昭和28年から継続して教科書に掲載され、その読者は6500万人を超えています。
 彼は半田市で生まれ、24歳から亡くなる29歳まで、安城高等女学校(安城高等学校の前身、現桜町小学校)で教鞭を執られ、安城が第二のふるさとになっています。
 安城で過ごした南吉は、昭和初期の安城の風土の中で『花のき村と盗人たち』や『おじいさんのランプ』などの作品を生み出しました。そんな南吉作品に出会う、訪ねる、憩いのひとときをぜひキーポート『新美南吉作品朗読会』でお過ごしください。
  
   主 催  南吉朗読ででむし会
   後 援  安城市 安城市教育委員会