みやざき布なぷ母の会
イラスト提供:アシッドジーストア©
「布なぷきんを子どもたちにつたえたい!」
その思いから子どもたちに布なぷきんをプレゼントする活動をしています。
 子どもたちに布なぷきんの素晴らしさを伝える。そして自分の体と向き合いながら性を受けとめたり自分の選択で健康を獲得していく権利や、環境について考えるなどの機会を提供することを目的として活動しています。
 小学校では、5年生の宿泊学習、修学旅行前の保健指導で、月経のしくみや紙ナプキンの当て方学習するときに、布なぷきんも選択肢の一つとして紹介しています。
 中学校、高校においてもプレゼントを希望されれば、昼休みを利用して布なぷきんの紹介とプレゼントを行っております。 
 今後は、保健室に「置き布なぷきん」として布なぷきんをお試しとして常備して、必要としている子どもたちにより身近になることを願っております。
 小中学校の家庭教育学級やサークルでの出張講座も行っております。布なぷきんを縫いながら、使い方や体の話をみなさんでお話していきます。

布なぷきんを使ってみた人の声・・・
・かゆみかぶれがなくなった。
・生理痛が和らいだ。
・経血の量が減った。
・生理周期が安定するようになった。
・尿漏れ、おりものライナーとしても使える。